HOME > > 初任者研修からのキャリアパス

初任者研修からのキャリアパス

介護職員初任者研修が出来たことで、介護の仕事に関係するキャリアパスが変更されています。よりシンプルで分かりやすいシステムとなり、介護職員初任者研修はまずはじめの資格と考えておくと良いです。この研修を130時間受けた後は実務者研修に、介護福祉士のための研修を450時間受ければ介護福祉士となることができます。更にステップアップとして認定介護福祉士が取得できます。


介護福祉士までのステップアップ

今まではホームヘルパー2級や1級からそれぞれ介護福祉士にキャリアアップできていたのですが、今後は順次ステップアップする形に変っています。介護職員初任者研修→実務者研修→介護福祉士→認定介護福祉士と進むと覚えておいて下さい。また、今後は介護福祉士の受験資格学校を卒業した方や、実務経験が3年以上ある方が国家試験を経て資格取得を行ないます。

このページのトップに戻る